働き方

なぜ、懲りずにまた起業したのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。「崖っぷち社長」こと殿木達郎です。
今日は「イータレントバンク」を辞めた後にすぐまた別の会社を起業した話です。
失敗にも崖っぷちにも懲りずになぜまた会社を起こすのか?
そんな僕の話を聞いてもらえるとうれしです。

再度、懲りずに起業して

十五年間経営した会社を去った僕は、すぐにまた新たな会社を起業しました。

ずっと崖っぷちに立たされて、あるときは奈落の底に突き落とされて、さんざんな目に遭ってきたのに「よくまあ、懲りずにまた起業するのですか?」と驚かれました。人生をリセットして、起業以外の道を選ぶこともできたかもしれませんが、いろいろ考えた末に僕が選択した道は、やはり起業しかなかったのです。

新しく起業した会社は「ノースエレメンツ」。神輿に担がれて経営の〝け〟の字も知らずに踊らされ、梯子を外された〝崖っぷち社長〟が、十五年間に積み重ねてきた失敗を糧にして一からやり直す覚悟で始めた会社です。

なぜ、懲りずにまた起業したのか?

会社を辞めたということは、失業したわけですから、食べていくためには何か仕事をしなければなりません。そのとき、僕の年齢は四十五歳。自分では中年男性だなんて自覚はありませんでしたが、世間ではもう、四十代も半ばを超せば立派な中年です。もっと若ければ、あるいはMBAなどの学位があるとか、特別なスキルを発揮できる資格があれば、良い条件で雇ってくれる会社もあったかもしれませんが、ただの中年男性の再就職にはなかなか厳しい現実があります。

しかも、十五年も社長業をやっていると、僕自身、もはやどこかの企業に所属するなどという気持ちなど全くありませんでした。やはり、これから仕事をしていくにも、自ら仕事を生み出す立場しか選択肢はなかったのです。

加えて、僕にはまだまだやりたいことがいっぱいありました。前の会社でやむなく撤退した海外事業も含めて、諦める気は毛頭なく、今まで以上にチャレンジしたい気持ちが僕を第二の起業へと後押ししたのです。

最初にお話したように、起業は「明確な目的」と「自分の強い意志」がなければできません。二度目の起業に際しては、「何があっても、泣き言は言わない、自分の責任において起業するんだ!」という覚悟を持って臨みました。

どうすれば、思い描いた起業ができるのか?

その答えは、  『崖っぷち社長が教える! ピンチを乗り切る「なぜ?」「どうする?」の使い方』 の137~141ページをご覧ください。

↓セミナーでは、ここには書けない裏話をお話ししてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*