起業失敗談

大阪での怖い話(怖)続編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

それから3日ほど過ぎた時に、
見慣れない電話番号から携帯に電話がかかってきました。

「プロジェクトの件で話がしたい。来週、大阪であいまへんか?」

「はい。わかりました。」

もしかしたら、一気に進むのか?
期待を膨らませて、待ち合わせの大阪、
南森町のビジネスホテルの喫茶店へ。

信号を渡った瞬間、目にした光景は、、

「あ、、、、、、、(汗)(汗)(汗)」

一緒にいた当時の専務は、「やべえよ、、、、、、」
まるでそこはVシネマの世界。

喫茶店に入り、話がはじまった。
「まあ、プロジェクトを途中でやめるということは、
うちらの今までかけてきた時間が大きな損失になりますやろ。」

「え、、、?」

「その損失云々を今更言ってもしゃあないので、ここは一つ提案があるんやけど」

「は、はい。」
出てきたのは、一つの契約書。

業務委託契約書

甲は乙の危機管理に関するコンサルティングを委託する。
月額:15万円

用心棒代か!!!

その後の顛末は、ここでは話せません、、、
(殿木に会った際に聞いてください)

失敗:ありえない出来事は突然やってきて、
時には、回避できないこともある。

成功のヒント:まずはその場を乗り切る!

まるで映画のワンシーンの出来事と思い、
この話はいつか書籍化するぞ!
と「ネタ」として楽しんで乗り切る!

実際、途中からあまりも映画そのものなので、
怖さを超え面白くなってきました。

同席の役員は青ざめてましたが、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*